セイダイの省エネ住宅プレミアム仕様

セイダイ・ハウジング・システム・プレミアム
「ハイブリッド断熱の家」誕生。次世代省エネ基準よりも断熱性能が65%アップ。命と健康を守る住まい。
「セイダイ・ハウジング・システム・プレミアム」はセイダイが誇る従来の省エネ仕様に加えてさらに断熱性能アップさせた特別仕様
  • ハイブリッド断熱
  • 第一種換気システム
  • トリプルガラス

ハイブリッド断熱

従来の充填断熱材グラスウールに内断熱としてフェノールフォーム保温板を組み合わせるセイダイ独自の工法で高性能断熱を実現。

第一種換気システム

ドイツ・スティーベル社の先進空調システムLWZは、熱を逃がさない換気システム。
一般的な熱交換換気システムの熱交換率は70%~80%ですが、スティーベルエルトロンのLWZは熱交換率90%※と業界でもトップクラスの熱交換率を実現。
外気温度が0度でも、室内温度20度の場合、独自の熱交換機により、新鮮な外気を約18度に温めて室内に取り入れるということが可能。
エアコンで余分な空 気を暖めたり冷やしたりする必要がなくなり、冷暖房費の削減につながります。
第一種 顕熱型換気システムLWZ

■高い熱交換率だからこそ省エネ性能に優れています

LWZを使用することで、冷暖房費の負荷を削減することができます。
【理由その1】効率の良い熱交換を行うことができる技術を採用していること
【理由その2】必要な時に必要な風量を出力することができるモーターを内蔵していること
これらの理由により、エネルギーロスを最小限に抑え、結果的に環境負荷と冷暖房費の削減に貢献することができるのです。
セイダイ・ハウジングシステム・プレミアム

トリプルガラス

■国内最高クラスの断熱性能

窓種 熱貫流率(Uw値)
縦すべり出し窓(開き+FIX)スマートシリーズ
W1690×H1370
ガラス構成:LE3-11-FL3-11-LE3 クリプトンガス入り Ug値:0.56
0.8w/㎡・k
縦すべり出し窓(開き+FIX)スマートシリーズ
W1690×H1370
ガラス構成:LE3-11-FL3-11-LE3 アルゴンガス入り Ug値:0.80
1.0w/㎡・k
引違い窓(2枚建 半外付)スリム障子タイプ
W1690×H1370
ガラス構成:LE3-9-FL3-9-LE3 アルゴンガス入り Ug値:0.93
1.3w/㎡・k
熱貫流率
(単位 W/㎡・K)
UG値とは?
ガラスの断熱性能を表す数値で、室内外温度差が1℃の時、1時間あたりに、ガラス1㎡を通過する熱量を表します。数値が小さいほど、ガラスの断熱性は高まります。
ダブルLOW-Eトリプルガラスを採用。アルゴンガス、又はクリプトンガスを封入。樹脂製のウォームエッジスペーサーを採用。厚さ2.5mm以上の堅牢フレーム

■ダブルLow-e 31mmトリプルガラス

●ガラス総厚31mm
トリプルシャノンⅡは、内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを採用。
ガラス総厚は開窓31mm、引違い窓は27mm、空気総厚はそれぞれ11mm、9mmです。
●ウォームエッジスペーサーを採用
複層ガラスのスペーサーはアルミ製が一般的です。
スペーサーを樹脂製にすることで、断熱性能の向上とガラス端部の結露を抑制します。
※品種、サイズ、地域、ガラスメーカー等によりアルミスペーサーの場合があります。
※ウォームエッジスペーサーとアルミスペーサーとではガラス中央部の熱貫流率は変わりません。
●アルゴンガス標準
トリプルシャノンⅡは空気よりも断熱性能が高いアルゴンガスを標準設定。
ダブルLow-e 31mmトリプルガラス

■厚さ2.5mm以上の堅牢フレーム

フレームの構造体となる外周部は、2.5mm以上の厚さで成型しています。
これは、「公共建築工事標準仕様書」ならびに、「木造建築工事標準仕様書」に適合すた堅牢な樹脂サッシです。
樹脂の厚みが2.5mm以上
省エネ住宅をもっとこだわりたい方は是非一度ご相談ください!